読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

XTC - Holly Up On poppy

f:id:yahhoi7777:20160515102717j:image
XTC大好き。好きなところは色々あるけれどその一つがフロントマン、アンディ・パートリッジの書く歌詞。
XTCの1992年のアルバム、NonsuchにHolly Up On Poppyという曲が入っている。この曲はお父さんになったアンディが娘のホリーちゃんに向けて書いた曲なのだが、曲はもちろんその歌詞がすごく好き。YouTubeに和訳を載せてくれた方がいたので拝借した。


アンディは独特な言い回し(慣用句をもじったり隠喩をしたり)をするので現地の人が聞こえているように和訳するのは中々難しく、この曲も人によって訳は様々。また、僕も高校生程度の英語力しか持ち合わせていないので完全にアンディの歌詞を理解できている訳ではないけれど、彼が木馬に乗る娘を見ながらどういう事を思ったのかなんとなく分かる気がする。
昨日は姪のお宮参りだった。姪はまだ5ヶ月で、基本的にはぶっちょう面でベッドに寝ていて、周りをじっと見つめたり指をしゃぶったりしているのだが、絵本やおもちゃであやしていると急にニコーっと笑う時がある。その瞬間、僕は天にも昇るような気持ちになって、ハートをバキュンと撃ち抜かれるというか、快楽物質が脳内から一気に放出されるというか、なんとも感じたことのない気分で満たされる。それはただ単にかわいいと思う気持ちではなくて、もっと根源的な何か、太古の昔より人間を動かす何かなのである!
子供が笑った時、笑った!と飛び上がってしまうお父さんの喜び。アンディはすごく冷静にそういう自分の気持ちを歌詞にしている。

Holly up on Poppy
Canter never stop
She has escaped from the world
Where they bake beautiful girls
Holly up on Poppy
Trotting to the top
She talks and banners unfurl
Their secrets crayoned in swirls
Everyday I
Have to pluck up
Courage to look her in the eyes
The eyes of storms
Anyway I
Love to watch her
Ride and play the alchemy
That love performed
Laughing
Holly up on Poppy...
Everytime I
Look at my watch
I'm reminded we are poor
In hours per day
Every second
Spent with her
's a bulging wallet overstuffed
With angels pay
Laughter!

広告を非表示にする